WordPressとJimdoどちらがいいの?比較!

今回は、WordPressとJimdoがどちらがいいのかを比較します。
僕の重要としている集客や将来に向けての拡張性はWordPressの方が勝っていますが、操作の簡単さや手軽さはJimdoの方が勝っています。集客だけに限らず、WordPressとJimdoの比較をしたと思います。
僕の個人的な考えでの比較になりますので、ご了承ください。
比較基準は下記の内容になります。

 

 

WordPressとJimdoの比較基準

・集客力
・更新、投稿のしやすさ
・導入のしやすさ
・拡張性
・料金
・テンプレートの数

集客力

集客力では、WordPress(ワードプレス)の方が、まずSEO対策(GoogleやYahoo!での検索からの集客)が有利な点と、かなり豊富なプラグイン(機能拡張)を追加できるので、その場に合ったカスタムができるのでその分有利です。
Jimdoは簡単で馴染みやすい分、更新がしやすいです。

更新、投稿、デザインのしやすさ

WordPressはプラグインを入れるコトで、簡単にレイアウトしたり、写真や動画の設置ができますが、Jimdoの方が、表現の幅はせまい分より簡単に感覚的にデザインできます。ただ無料プランではスマホの最適化がされていないようです。※2018年6月25日現在

導入のしやすさ

Jimdoの方が、導入の作業もすくなく操作が簡単でより直感的です。WordPressについてはサーバーあドメインの設定が必要な場合や、その後にWordPressの設定などが手間です。セキュリティ設定なども必要です。

拡張性

Jimdoは簡単に操作できる分、機能を拡張できないようです。機能を追加するには契約内容を変える範囲で、一番高価なプランでも特別な機能の追加はできません。WordPressはプラグインと言われるプログラムを使いが可能で、様々な機能を拡張できます。例えば、ネットショッピングのカート機能、メルマガ・ステップメール機能、予約システム、SNSの構築、会員サイトの構築など、かなりのプラグインが存在します。ただ注意点は機能が豊富な分、相性の悪いプラグインや日本語化されていないプラグインも存在します。複雑なものを入れる場合には知識が必要です。

料金

WordPressは自分で設置し、テンプレートも無料のものを使えば、ドメインとサーバー費用だけでホームページを構築できます。WordPressを設置しデザインもプロに依頼した場合は、制作費用が加算されます。
Jimdoは無料プランがありますが、はスマホの最適化がされていないく(2018年6月25日現在)ドメインもオリジナルのモノを使えません。そして広告が表示されてしまうようです。有料プランはプロプラン:945円/月と、ビジネスプラン:2,415円/月があり、広告が費用時でオリジナルのドメインもメールも使えます。ただメールを追加する場合は別途費用がかかります。WordPressの場合はサーバーの契約内容によりますが普通は複数メールを設定しても、自分でやってしまえば無料ですし、転送や迷惑防止、一斉メールなどの機能がついている場合もあります。ビジネスプランに関してはネットショップやSEO対策の機能が付いています。これもWordPressの場合は自分で作業してしまえば無料で設置できます。
WordPressとJimdoでも違いますし、Jimdoないでもプランにより違います、用途や将来どの様にしていきたいかによって選んでください。

テンプレートの数

テンプレートはデザインのテンプレートで、WordPress(ワードプレス)ではテーマと言います。
これを変えるコトで、ホームページのデザインを簡単に変えられます。
そのテンプレート数の比較をします。
Jimdo:数10
WordPress:数1,000〜数10,000
テンプレート数はWordPressの方が圧倒的に多く、無料版も有料版もどんどん増えていますし、ネットショップ用のテンプレートまであります。

 

 

 

この様に、WordPressとJimdoと、それぞれに長所と短所があります。あなたの用途に合わせて選んでもらえたらと思います。ただ、その時の使いみちだけで選んでしまうと、後々に「こんなはずじゃなかった」というコトがあるかもしれません。あなたのホームページを将来どの様に構築していきたいかの展望があるとより無駄なく良いものができると思います。