手堅く成功するための9ステップ無料オンライン講座 9日目

注意ください! この記事は公開されてから150日以上たった記事です

どうも、宮脇です。

今回の、第3章「あなたを成功させるための次世代スケジューリングPDCOO」が、
全編を通して最後の講座になります。

これまで、勉強してもらったことを生かして、

シートに記入して行くだけで、できてしまう、

セールスしないで、安定して、高額サービスも売れてしまう集客のための 流れ作りと、

それを実現するためのスケジュール管理をいかしてもらえたらと思います。

それでは、まず「集客の流れ」作りについて説明します。

ます、こちらから2つのシートをダウンロードしてプリントしてください。

★ 集客の流れシートのダウンロード

★ 目標実現PDCOOシートのダウンロード

あなたは、「集客の流れ」って、聞いたことありますか?

過去の集客では、サービスを紹介するだけで、売れていましたが、

今は、そんな簡単に買ってもらうことができません。

そこで、

より確率よく、買ってもらうために、

お客さんが階段をダンダンと登ってきて、

最終的に買ってしまうような仕組みを作ります。

それが「集客の流れ」です。

集客の流れですが、ネットだけの場合と、

リアルを入り口にネットに繋げる場合とあります。

どちらにしても、ネットを利用することで、コストを

押さえ効率を良くしていきます。

流れは、下記のようになります。

入り口があって、そこから信頼を構築していてき、お客さんに合ったサービスを紹介します。

ネット集客の場合

リアル+ネット集客の場合

という流れになります。

そして、

集客の流れの成功させるポイントは、

1)それぞれのパーツが掛け算で組み合わさり1つの集客が成り立つと理解する
2)ぞれぞれのパーツごとに検証して確立を上げていく
3)できるだけ自動化をして行き、自分が行動しなくてもいい様にする

です。

他にもポイントはありますが、

この辺りが大きなポイントになります。

1)それぞれのパーツが掛け算で組み合わさり1つの集客が成り立つと理解する

から説明すると、

それぞれのパーツごとに役割があり、それが掛け算で繋がっています。

これが掛け算というところがポイントで、どれか1つでもゼロだと、契約はゼロ件になってしまいます。

2)ぞれぞれのパーツごとに検証して確立を上げていく

については、契約率を上げるためには、それぞれバランス良く上げていくことが重要です。

少ない過ぎず、多過ぎずにというのが効率がいいです。

実際に確立が大きな方がいいですが、高い確立をさらに上げていくのは大変です。

なので、できるだけ労力を減らすために、少ない部分を上げるようにしていきましょう。

3)できるだけ自動化をして行き、自分が行動しなくてもいい様にする

についてですが、

これはとても重要です。

起業したての人や、副業の人、個人でやっていると、

自分の時間が限られています。

会社の場合は、役割分担があり、全部が全部自分でやることはありませんが、

全てを自分でやならいといけない場合、それを自動でやってくれるツールがあるなら、

それはどんどん使っていった方がいいです。

あと、売り上げが上がり、余裕があるなら、外注できる作業は、できるだけひと任せて、

自分は、もっと重要な作業をしていきましょう。

ただそれで、利益がなくなってもいけないので、損益計算だけはしておきましょう。

あと、自動化のツールとして、SNSの自動登録や、自動連動や、アメブロの自動ペタなど便利なツールがあります。

無料のものもありますので、調べて見てください。

ただ、あくまでお客さんの目線は大切にしましょう。

そこから、ズレてしまうと、ただ作業を自動化しているだけで、売り上げが上がらない状態になってしまいます。

それでは、これまでの内容を反映させて、集客の流れを先ほど、ダウンロードした集客の流れの

それぞれの工程の空白を埋めていきましょう。

それができたら、

次は、それを実現するための計画を立てていきます。

有名なもので、「PDCA」というのがありますが、

その、「PDCA」と、比較的 新しい「OODA」の良い部分を合わせた、「PDCOO」というスケジュール管理の表を書いてもらいます。
「PDCA」だけでは、今の時代の流れについて行けないと考え、「OODA」のその時の状態を把握し、それを計画に盛り込むことで、よりベストな計画を立てられるようにします。

それでは、

順に説明します。

「PDCOO」はPlan(プラン)、Do(実行)、Check(チェック)、Observe(観察)、Orient(状況判断)の頭文字からできています。
実際には、プランを立て、そこから順に右に流れていきます。
なので、今回記入するのは、一番左のプランになります。

それでは、それぞれの工程を説明します。

Plan:プラン
行動計画、いつまでに何をするかなどの具体的な計画。日時や、どれくらいの割合、何回など、チェックの時に数値で検証できようにします。
例:集客の流れの認知の部分で、アクセスを増やすために、ブログを1日1記事(土曜日以外)20時に投稿し、それをFacebookで告知する

Do:実行
プランに対しての実際の行動です。どれだけ達成できたかを記入します。達成率を数字で入れるとわかりやすいです。
例:ブログ投稿の達成:89%

Check:チェック
プランと実行の達成の検証し、プラン自体が必要か、数値目標は妥当なのかを判断し、変更の必要がある場合は、次の観察に行きます。
ここで、問題ない場合は、このまま実行していきます。
例:率実際にはブログの更新頻度を下げても問題がなく、月曜日、水曜日、金曜日に減らしす。

Observe:観察
今の時代に、お客さんや市場の状況や、新しい集客のスキル、チェックの状況を観察します。
例:実際に投稿し、アクセスは増えたが、いいねが少なく集客に貢献できてないと思う。

Orient:状況判断
オブザーバーで得た情報を元に、このまま進めるか、改善をするのかの判断します。
例:いいねを増やし、共感を得るために、投稿の内容をもう少し精査して、記事の質を上げることに力を入れる。
あと、アクセスがある程度あるが、まだ少なく難じるので、ブログのSEO対策を強化する行動をプランに追加する。

このような流れで、常に、状況判断をしながら、行動を進めていくことになります。

そして、Orient(状況判断)まできたら、次はまたPlan(プラン)戻り、繰り返し回していきます。

このサイクルを早くすればするほど、あなたのビジネスが早く軌道に乗り、最大化していきます。

これで、セールスしなくても安定して、しかも高額サービスまで契約できる仕組みを、

具体的に実行できる、スケジュールを手に入れることができました。

あなたのビジネスにとってとても優良な情報だったと思いますが、ただの知識にしてしまっては意味がありません。

それを実行できて、あなたのサービスでお客さんの悩みをどドンドン解決し、あなたが大きく潤ってこそ意味があります。

是非とも、実行して大きく飛躍してください。

それでは、ここまでお付き合いいただいてありがとうございました。

宮脇でした。

最後のお知らせがあります。

ここまでで、9日間のオンライ講座が終わりましたが、この講座の受講者限定に特別なお知らせがあります。
明日、メールでお届けしますので、明日もメールをチェックしてくださいね。

それではありとうございました。

質問、感想フォーム





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください