手堅く成功するための9ステップ無料オンライン講座 4日目

注意ください! この記事は公開されてから150日以上たった記事です

第1章『コーチとして稼ぐためにやっておきたいこと』


こんにちは。
この回から担当する川本です。

どうぞよろしくお願いします。


ここからは「プロコーチとして稼ぐこと」をお伝えしていきます。

毎回、ノウハウやエクササイズがお手元に届きますが、それをこなしていたくことで「稼げるコーチのイメージ」が理解できるようになると思いますので、楽しみにしててくださいね。(^.^)

と、その前に・・・・

僕自身に起こったことをちょっとお話させてください。

僕がプロコーチ宣言をしたのは、今から10年ほど前。

最初は「ちょっとアルバイト感覚」でしたので、売上がないこともさほど気になりませんでした。

ところがその後、本格的にコーチとして食べて行こうと決めたとき、

「まったくもって仕事がと取れない」

という状況に陥りました。

もちろん、何もしていなかったわけではありません。

本やネット、セミナーや教材で学んだことを次々とやりました。

コンサルをお願いしたこともあります。

でも結果は散々。ほんと崖っぷち状態になりました。

一時は途方に暮れたこともありましたが、その後、色んなことを工夫していき、マインドも変わることで、コーチとして食べていけるようになりました。

そう。仕事の取り方が分かったんですよね。

でも、あれだけ学んで実践していたのになぜ結果が出なかったのか?

当時を振返り、分析し、気付いたことがありました。

「コーチとして食べていく以前にやっておくべきことがある」

そうなんです!

世の中には売るためのノウハウ、集客のためのノウハウが溢れています。

それらは実績のあるものなので、やれば結果は出ます。

でも、結果を出すにはそれらを使う前の準備が必要だったんですね。

このメール講座では、「売れるためにやっておくべきこと」についてお伝えしていきます。きっと講座の中身を進めていくうちに、自分で何が足りていなくて、何をするべきだったかが理解できると思います。

講座は3部構成になります。

まず「初級編」として基本的にやっておきたいことを3つお伝えします。

次に「中級編」として実際に仕事を取るための具体的な行動を2つお伝えします。

そして最後に「応用編」として更にレベルアップさせる方法を2つお伝えします。

それぞれ、基本的な考え方と実際のエクササイズをお届けしますので、読んだらすぐに取り掛かれるようになっています。

この講座をきっかけに、あなたがコーチとして大活躍できるよう、僕もしっかりと伝えて行きますので、よろしくお願いしますね。

それでは、まず初級編をお届けします。

『初級編その1:ターゲットを「ちゃんと」決める』

あなたが売れるコーチになるために、まずやっていただきたいこと。

それは

「ターゲットを「ちゃんと」決める」

ということです。

ターゲットといは、自分がコーチングしたい人を指します。

例えば

・独立起業したいビジネスパーソン

・試合で結果を出したいアスリート

・幸せな結婚をしたい人

・家族とのコミュニケーションを改善したい人


などなど、コーチそれぞれの得意分野であったり、「やりたい!」という思いから

想像できるクライアント像ですね。

「ターゲットはちゃんと決めたほうがいい」というのは、聞いた事がある人も多いと思うのですが、僕は

「ちゃんと」決めている人は意外に少ない

そう思っています。

なんとなく、アスリート? なんとなくビジネスコーチング? なんとなくダイエット?

なんとなく、婚活コーチング?

そんな印象を受けるんですよね。

あ、それでも「特にターゲットはいない」という人よりは、仕事はとりやすいと思います。でも、なんとなくは結構ぼんやりしているので、伝わりにくいし、自分自身も何を

すればいいのかが不明瞭になりやすいです。


そこで意識してほしいのが、「ビフォーアフター」です。

「~な人が~な状態になる」

そういうのを考えて見て欲しいんですね。

例えば、


・40代ビジネスパーソンが、自分のビジネスを持っていきいきと働く

・高校生の卓球部員が、インターハイに出場する

・30代子育てママが、いつも笑顔で家族と接することが出来る

みたいな。

これをもっと具体的に出来るといいと思います。

特定の個人をモデルに考えるという方法ですね。

・43歳男性商社勤めのKさん。役職は課長。専業主婦の奥さんと、中学生の女の子と

 小学生の男の子2人のお父さん。仕事にやりがいはあるが、残業が多く、家族と触れ

 あう時間が取れない。自分自身の健康や将来も不安。出来れば自分らしく、仕事も

 家族も充実した人生を送りたい。それをどうやっていくのがいいのか?を応援する。

こんな感じです。

こうすることによって、自分が「どんな人の課題をどのように解決するのか」が明確に

なっていきます。

それにより、グン!と伝わりやすくなりますし、自分が誰に出会えばいいのかもよりハッキリとしてきます。イメージがはっきりすれば、他の人も紹介しやすくなるので、

ここは本当に重要なポイントです。

クライアントは元々コーチングには興味がありません。興味があるのは、

「自分の課題を誰が解決してくれるのか?」ということです。

なので、コーチングという切り口よりも、

「あなたの~を~にします」の方がいいんですよね。

エクササイズ

自分が応援したい人のビフォーアフターを作ってみましょう。

より具体的に出来る人は、ぜひチャレンジしてみてください。

——————————————————————————–

『初級編その2:説明できるようにする』

ターゲットが決まったら、次にやるべきことは

「説明できるようにする」

ということです。

「説明?=何を?」

という感じですね()

はい、ここでいうところの「説明」は、

「その問題を解決するのに、なぜコーチングが良いのか?」

ということを、説明できるかどうかということになります。

クライアントのニーズに対する保証ですね。

ちょっと大きな買い物をしたときのことを思い出してください。

クルマとか、パソコンとか、冷蔵庫とか、家とか。

そのとき「自分の生活にベストマッチな選択をしたい」と思いませんでしたか?

そして、それを調べたり、店員に聞いたりしませんでしたか?

このとき、調べた結果や店員の話に納得することで、僕たちはそのモノを買います。

自分のニーズがちゃんと説明され、納得したからですね。

コーチングも同じで、なぜコーチングでないといけないのか?が説明されないと、

選択肢から外れる可能性が高くなります。

なぜなら、問題を解決する方法はコーチング以外にいくらでもあるからなんです

「コーチングは良い物だから、きっと選んでもらえる」

というのは、コーチの理屈。クライアントには関係ありません。

自分がターゲットとして決めた人の問題・課題の解決がなぜコーチングなのか?

説明できるようにしておきましょう。

ちょっとだけヒントを出すとしたら、

・その問題をコーチングで解決したことがある。

・その問題をコーチングで解決した人を知っている。

この辺は説明に使えそうですね。

エクササイズ

自分のターゲットの課題を解決するのになぜコーチングが一番なのか?

説明できる理由を最低3つあげましょう。

——————————————————————————–

『初級編その3:差別化する』

これまでのところで、ターゲットが明確になり、そしてなぜコーチングが良いのか

が説明できるようになり、見込み客にあなたを見つけてもらいやすい状況が作れました。

今度は、最後のアクションを起こしてもらうための必要事項、

「なぜあなたでないといけないのか?」

これを考えます。

コーチングの良さが説明できて、前向きになってもらえたとしても

あなたと同じ内容のものを提供している同業者がいたら、

「どのコーチにすればいいんだろう?」

という競争に巻き込まれます。このとき、他のライバルと差別化が出来ていないと

・値段が安いから

・近くだから

・予約が取りやすいから

といったような、一般的な理由で選択されてしまいます。

いくらこちらが、熱い思いと明確なターゲット化があっても、差別化が出来てないと、

伝わらないんですよね。これが実にもったいない!

去年、山陰を旅行した際に、「絶対に行きたい!」と思っていたパン屋さんに行くことが

出来ました。鳥取のとんでもない山奥にあるんですよ。でも、すごく流行ってる。

そう、ここでしか手に入らないパンがあるんですよね。

そしてそのことをちゃんと伝えている。だから選んでもらえるんです。

自分が選ばれる理由を考えて見てください。

一番いいのは、その分野で実績があることなのですが、駆け出しのころはそうもいかないので、自分の師匠の実績を借りてもいいでしょう。

「この分野での実績豊富な~コーチから学びました」みたいな。

もし、その分野でコーチになる前のキャリアがあれば、それも使えます。

「医療業界で20年のキャリアがあるからわかる、看護師のメンタルケア」みたいな。

そしてこれは実績がなくても出来るのでぜひやって欲しいのですが、

この仕事にかける「思い」です。情熱ですね。

ここは、結構しっかりと伝えた方がいいです。

実は、こういう思いがある人というのは選ばれやすかったりするんですよね。

そしてこの「思い」というのは、この後で出てくる「ミッション」にも繋がるので、

まずはここのポイントでしっかりと考えてみてください。

エクササイズ

自分のターゲットの課題を解決するのになぜコーチングが一番なのか?

説明できる理由を最低3つあげましょう。

——————————————————————————–


ここまで初級編として、基本的な3つのことについてお伝えしました。

質問・感想大歓迎です。お気軽にお寄せくださいね。(^.^)

それではまたおあいしましょう

質問・感想フォーム





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください