手堅く成功するための9ステップ無料オンライン講座 2日目

注意ください! この記事は公開されてから150日以上たった記事です

前回は、セルフイメージを変えることが

なりたい、理想のあなたになるための

大きなポイントになることをお話しさせていただきました。

 

今回は、その続きで、

自分の目指すセルフイメージの設定、

そして、そのセルフイメージになるためのスキルについて、

お話させていただきたいと思います。

 

では、まず、セルフイメージを変えていく上で、

とても大切なポイントを3つお話ししたいと思います。

 

一つ目は、「行動する」です。

 

皆さんは今まで、いろいろな学びを得て、

さまざまな知識をお持ちだと思います。

 

知識が豊富なことは素晴らしいことなのですが、

実は、それを行動しないと意味がないのです。

 

それは、どれだけ知識を得ても、実際に行動しないと変化しないからです。

 

そこで、知識を得たら実行するというように、

インプットとアウトプットを上手にバランスよく行うことが大切です。

 

比率でいうと、50:50がベストで、

「知識を得る」=「すぐ実行する」という癖をつけましょう。

 

そして二つ目ですが、「行動は思考を変えるほど強力」です。

 

一見すると、思考を変えるのは、簡単なことのように思えますが、

実は、ほとんどの人が思考を変えることができません。

 

それは潜在意識の力が、顕在意識よりも強いからです。

 

しかし、行動は顕在意識によって変えられます。

 

ということは、その行動を続けたり、習慣化させていくことで自然と

潜在意識も変えることができるようになります。

 

例えば、バンザイをすると、不思議と前向きにな気持ちになりませんか?

 

バンザイは、そもそも楽しい時にやるとインプットされており、

また、体と心は繋がっているため、

バンザイをすると、自然と前向きな気持ちになりやすくなります。

 

つまり、こうした行動を生かすことで、思考も変えることができます。

 

また、嫌なことも無理矢理でも3分やると、実は持続できます。

 

これは、潜在意識の現状維持によるブロックがかかっていることが多いからです。

ですから、嫌なこともまずは、3分だけ頑張ってみましょう。

そして、行動を上手く生かしながら、思考を変えていく癖をつけていきましょう。

 

そして、三つ目ですが、「コンフォートゾーンを理解する」です。

 

コンフォートゾーンとは、

自分が居心地がいいと感じられる、ストレスもない快適な領域をいいます。

 

人間は、毎日同じことをしていると安心しますよね。

なぜなら毎日同じことをしていれば、変化しないからです。

 

そして、同じことをしていれば安全ですし、

死ぬ可能性も低くなるからです。

 

つまり変化をしなければ、ずっとコンフォートゾーンにいられます。

 

しかし、多くの人が抱く望みというのは、

コンフォートゾーンの外にあることがほとんどです。

 

コンフォートゾーンの外のゾーンに飛び込んで、

セルフイメージを大きく変える方法などもありますが、

この方法は、人によってストレスがかかってしまうこともあるので、

ここでは、無理なく、このコンフォートゾーンをゆっくりと広げ、

セルフイメージを変えていく方法を取り入れていきたいと思います。

 

では、今から、この3つの大きなポイントを生かしながら、

セルフイメージを変えるスキルについてお伝えしたいと思います。

 

一番強力な潜在意識の書き換え方法は、

将来成功している自分と同じか、

できれはそれ以上の人間を探し、一緒に行動することです。

 

例えば、将来成功している自分が、本田健さんのような人になっているとしたら、

本田健さんとできるだけ一緒にいるとセルフイメージの書き換えがしやすいです。

 

これは、一緒に行動することで、その人と同じ思考や価値観が芽生るだけでなく、

無理にでもその環境でいる事で、それがだんだん普通になるため、

セルフイメージも自然と書き換わります。

 

普通になっていくということは、

その人と同じ思考になっているということですから、

早く、確実に、セルフイメージが変わっているということになります。

 

そして、次のスキルは、「小さな成功体験を積む方法」です。

 

絶対に100%成功する低い目標を立てて、それを達成します。

 

例えば、朝起きて、鏡に向かって今日は最高だ!と言うだけでもいいです。

トイレ掃除をやるでもいいですし、

ご飯を食べる前と後にいただきますやごちそうさまというのもいいでしょう。

そして、今度は目標をだんだんと大きくしていきます。

 

ここではとにかく、絶対にできる目標で、

決めたことを必ず成功させるということが大切です。

 

そうすることで、自分は成功できると潜在意識が認識してくれるようになるからです。

ですから、最初から高い目標を立てたりしないようにして、

実行していきましょう。

 

次のスキルは、「自分を褒める、相手を褒める」です。

 

潜在意識というのは、言葉の認識に、主語がないため、

あなたの思考や心の声、周りの人の声や目に飛び込んでくる言葉など、

実は、誰に向かって言っているのかわからないです。

 

それで、話している言葉を、

全て自分が言っていると認識し、そのまま蓄積されていきます。

 

ですから、自分を褒めても相手を褒めても、

自分が褒められていると認識しているのです。

ですから、自分を褒めるだけでなく、相手も褒めましょう。

 

そうしてどんどん褒めることによって、あなたは褒められる人と認識され、

自己肯定感が自然と上がっていきます。

 

次のスキルは、「新しい行動を常に取る」です。

 

やはり、変化するためには、新しい行動をしていくことです。

 

でも、新しい行動を取るのは勇気もいるし、億劫になってしまいがちです。

ですから、最初は、小さな新しい行動をとっていきましょう。

 

例えば、普段は読まないような内容の本を1日、一冊ではなく、一章文を読むでもいいですし、

靴を逆の足から履いてみるのも良いですし、

日記をつけるでもいいですし、

いつもと違う道を通ったり、

いつもと違うコンビニでお菓子を買ったり、

利き手ではない方でご飯を食べてみるなど、でもいいです。

 

また、自発的に発言をするとか、

嫌いな人に笑顔で挨拶をするなど、どんどん新しい行動をとって行きましょう。

どんどん新しい行動をとるたびに、どんどんセルフイメージが変わっていきます。

 

次のスキルは、「無意識な決断をしないで、意識的に決断する」です。

 

例えば、カフェで注文する時、

友達がコーヒーを頼んでいるから、一緒のものを頼んでしまったり、

ランチをする時に、

みんなオムライスを頼んでいるから、自分も同じものでいいやというように、

「任せる」、「みんなと同じでいいや」という決断をしてしまうと、

あなたは決断できない人、人に流される人と潜在意識が認識し、

優柔不断な性格になってしまったり、流されやすい性格になってしまいます。

 

そこで、潜在意識ではなく、顕在意識が主導権を握るようにしましょう。

 

自分で意識的に決断すると、

潜在意識は、

「この人は何でも自分で決断でき、自分の人生を自分でコントロールできる人なんだ」

と認識してくれます。

そして、さらに、自信も持てるようにもなります。

 

次のスキルは、「言葉や思考を意識的に変える」です。

 

例えば、コップの中に水が半分入っているとします。

 

これを半分しかないと捉えますか?

それとも半分もあると捉えますか?

 

例えば、半分しかないとネガティブに捉えてしまっても、

言葉で、半分もあると言うことで、思考が切り替わってきます。

 

言霊という言葉があるように、言葉には力が宿っていると言われています。

 

やはり最初は思考でネガティブなことを思っていると、

なかなかポジティブな言葉で表現することは難しいかもしれませんが、

なるべくいい言葉、ポジティブな言葉を使いましょう。

 

もし、ネガティブな言葉を言ってしまったら、

口の前でバッテンをしたり、言い直しをしたりしましょう。

 

次のスキルは、「お金に関してのセルフイメージを変える」です。

 

このセルフイメージを変えないと、

今の収入よりも多く稼ぐのに、潜在意識の現状維持のブロックがかかってしまいます。

 

お金を多く稼ぐ人は、世間的にどうしてもダークなイメージあります。

 

特に、聖職者などの仕事をしている人は、

慎ましくすることが大切で、お金をもらってはいけないなどと

多くの人がそう思い込んでしまっています。

 

こうしたお金に対してのダークなイメージや偏った思いこみがあると、

いくら顕在意識でお金が欲しくても、

実は、潜在意識では、お金を拒み、

お金が欲しくないと思ってしまっているのです。

 

そこで、お金を好きになる、自分は貰うべき人に相応しい

と変えていくためのスキルとして、

まずは、いつでもお金を支払う時に感謝をします。

できれば声に出すのがいいですが、大きい声でいうと怪しまれるので、

小さな声で、ありがとうと言うだけでもいいです。

 

そして、例えどんな悪人であったとしても事業に成功している人を褒めましょう。

 

なぜなら、悪人でもその人によって、

自分たちは何かを便利にしてもらっているからです。

その思考になることで、お金儲けが良いことだというセルフイメージに書き換わります。

 

そして、お金を大切に敬いましょう。

 

お札にアイロンをかけてもいいですし、お札が折り曲がらないようにしたり、

向きを揃えたり、小銭も磨いたりするなどもいいです。

 

そして、次は、これらのスキルを利用しながら

成功できるセルフイメージへと着実に変えていく方法について

お話ししたいと思います。

 

着実に変えていくために、

半年後、1年後、3年後のセルフイメージを設定していくのですが、

なぜ、このように区切って計画を立てるかについてお話ししたいと思います。

 

それは、これまで話して来た通り、

人は、100%といっていいほど、

セルフイメージの通りの自分になります。

 

ですから、今のセルフイメージを、

成功しているセルフイメージに書き換えないと、

潜在意識の現状維持のブロックが入ります。

 

しかし、逆に、今のセルフイメージが

成功しているセルフイメージになると、

潜在意識が今の現実がおかしいと思い、

現実をセルフイメージに合わせようと、力を発揮してくれるのです。

 

ですから、将来のセルフイメージと、

先日のワークでやっていただいた、

今の自分のセルフイメージ(自分は、OOOOです。と言う書き出し)との差異を理解し、

その差を埋めて行くようなセルフイメージを書き換えをしていきます。

 

それができると、今のセルフイメージが、

将来の成功した自分になるので、

潜在意識が自然とあなたを成功へと向かわせます。

 

では、まずは、

半年後の成長した自分のセルフイメージと

今のセルフイメージを比べてみましょう。

 

半年後のあなたの心の状態は?

あなたはどのような行動をしていますか?

どのような物事の捉え方をしていますか?

どのような人と付き合っていますか?

どのような物を食べていますか?

どんなテレビを見て、休日には何をしていますか?

 

具体的に、書き出して見ましょう。

 

そして、同様に、

1年後、3年後の成長した自分のセルフイメージを書き出しと

今のセルフイメージを比べてみましょう。

 

それぞれ、比べてみると、

今のセルフイメージと差がどれだけあるか見えてきます。

 

そして、今の自分が半年後、1年後、3年後のセルフイメージになるためには

先ほどもお伝えしたスキルをどう利用したらいいかが

見えてくると思います。

 

後は、あなたのなりたいセルフイメージへと

近づくための行動、スキルの実行をしていくだけです。

 

次回はセルフイメージの書き換えのための

行動の注意点やより効果を上げる方法、

そして、モチベーションの管理について説明します。

 

 

この文章は著作権に保護されているため、コピー、流用、二次使用など禁止されています。